初めての方へ!

ホワイトニング

お試しメニュー

歯の表面の白斑のようなまだら模様について

沼﨑院長のコラム

2022.09.13

執筆:沼﨑

こんにちは!
皆さんはホワイトニングが終わったあと鏡を見ると歯の表面に白斑のようなまだら模様ができて不安になったことはありませんか?
せっかく綺麗にしに来たのに逆に目立ってしまった思いをして心配になってしまった方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、白斑の原因や予防、そしてホワイトニング後の歯のまだら模様を目立たなくするための方法などをお話していきたいと思います。


・白斑の原因
歯の表面にできる白斑の正体は「ホワイトスポット」と呼ばれるもので、実はホワイトニングをする前から存在しています。これは歯のエナメル質が形成される際に何らかの理由で部分的に成長が阻まれることで現れるので、ホワイトニング後にホワイトスポットができる原因としては、ホワイトニング自体が原因なのではなく元々歯の表面にあった白い斑点がホワイトニングをしたことで目立ってしまうという事なのです。
しかし、ホワイトニング後すぐは気になりますが、しばらく経てば少しずつ色が馴染んで目立たなくなる場合がほとんどなので安心して施術を受けられます。


・ホワイトスポットの予防
先ほどお話したように、ホワイトスポットは歯の形成中にできてしまうものです。
歯の形成が行われる乳児期、幼少期に起こる虫歯や外傷、そして栄養不足にはとても気を付けることが大切です。乳歯の段階で外傷を負うと、生え変わった永久歯にも影響を及ぼしてホワイトスポットができるリスクが高まったり、永久歯に生え変わっている場合も虫歯になってしまうと表面が溶けて白色してしまう場合があるので、虫歯や外傷は絶対に放置せず歯科医院に相談しましょう。

幼少期に予防できなかったから諦めるのではなく、ホワイトニング後白斑が目立ってしまってもおよそ数時間から3日間で目立たなくなる方がほとんどなのであまり気にしなくても大丈夫です!また、ホワイトニングを定期的に通い歯全体を白くすることで目立たなくさせることもできるので、お悩みの方は一度是非ご相談だけでもいらして下さい。
 

医院紹介

ホワイトニング専門歯科と医科を併設し、口元からお顔までトータルサポート!

LEAGRANT CLINIC 中目黒の受付 LEAGRANT CLINIC 中目黒の施術室

LEAGRANT CLINIC 中目黒

東京都目黒区 上目黒3丁目1−4 中目黒グリーンプラザビル 7階
TEL:0120-505-305
アクセス:東急東横線「中目黒駅」より徒歩2分

※医院別ご利用条件が設定されている場合がございます。
各医院へご確認ください。

同じカテゴリーの記事一覧

この医院のブログ記事

カテゴリー別に見る