【対談】ママを悩ませる赤ちゃんの口腔ケア(末光妙子ドクター×蛯原英里さん)

二人のお子様を育てながらベビーマッサージ講師として活躍する蛯原英里さんをママ代表としてお迎えし、歯科医師の末光妙子ドクター(医療法人財団理事長)と共に、「子供の口腔ケア」についての対談を行いました。

末光妙子・蛯原英里

『プレママ検定』への想い

「子どもや乳児期の口腔ケアについて、どこに相談したらいいの?」といった不安や悩みを抱える、多くの妊娠中や産後のママたちに触れてきた蛯原英里さん。ご自身が立ち上げた『プレママ検定』にも赤ちゃんの口腔ケアの知識が盛り込まれています。

末光蛯原さんは、ベビーマッサージの講師として活躍されていますが、今回プレママ検定を立ち上げた理由を教えてください。

蛯原私は元々看護師としてNICU(新生児集中治療室)で働いていました。赤ちゃんの発達発育を促すタッチケアやカンガルーケアを通じて、ママの気持ちが前向きになり、家族の絆が深まっていく様子をみてきました。
ママたちとお話する中で妊娠中から産後にかけて「寝てくれない」「泣き止まない」といった悩みをほとんどの方が抱えていて、ネットの情報に頼っても、マイナスの情報に引っ張られるという悪循環に陥っていることが分かりました。
プレママ検定は、ママにとって必要な情報が網羅されており、妊娠中の過ごし方、赤ちゃんとの触れ合い方を学べます。そうした知識を得ることで、ママも気分がラクになると思います。また、妊娠中の腹帯のことや、ヨガ講師や歯科医師など色々なスペシャリストがいるので、気になるところを妊娠中からピックアップし、テキストや動画を使い学べるようになっています。

歯医者と赤ちゃんの向き合い方

末光様々な活動をされていてるんですね。私生活では2人のお子さまがいるとお伺いしたのですが、歯医者にどんなイメージを持っていますか?

蛯原英里蛯原上の子が2歳くらいの時に初めて歯医者さんに行ったんですが、体を縛られ頭も押さえつけられ、すごく泣いたのでトラウマになるかもしれない…とその時は落ち込んでしまいました。ただ、年少さんになって歯の状態を見てもらった際は、「ママに抱っこしてもらおうか」「チャレンジしてみてダメだったら今日はこれくらいにしましょう。」と、医師と歯科衛生士さんがすぐ治療ではなく、歯医者さんの雰囲気を味わって、どういうものかを慣らしてくれたおかげで、今は歯医者さんの定期健診に「行きたい行きたい」というくらい楽しみな場所になりました。

末光慣らしをするだけで印象も変わりますよね。プレママ検定にも口腔ケアに関する情報が掲載されていますが、蛯原さん自身も意識が変化したことはありますか?

蛯原菌を移さない!という意識は高くなりました。子どもとキスする機会も多いですし、直接口にキスしなくても、唾液が付着して口に入ってしまうことがあるので、口腔ケアは日々意識しています。先生に伺いたいのですが、菌を移さないように気を付けても虫歯にはなるのでしょうか?

末光「歯、細菌、糖分、それらが接している時間」この4つがそろうと虫歯ができるので、最低でもどれか1つをケアすれば大丈夫です。
また、お母さんの口腔ケアと同じくらい赤ちゃんのケアも大切です。正しい口腔ケアのために早めに歯医者に行くこともおすすめです。

お母さんの不安を取り除く

蛯原下の子が1歳半検診で虫歯ゼロと言われたこともあり、まだ1度も歯医者さんに行っていないのですが、いつ頃から歯医者さんデビューしたらいいでしょうか?

末光私たちとしては歯が生える前から来てほしいですね。

蛯原歯が生える前ですか!歯医者さんに行ってなにをするんですか?

末光妙子末光赤ちゃんの歯が生える前のケア方法を医師や歯科衛生士から教えてもらうことが大切です。特に歯科衛生士は女性が多いので、子どもを育てるお母さんの悩みにも親身になってくれると思います。お口の中の困りごとは歯医者でなんでも聞いてください(笑)。また、不安な点も「問題ないですよ」と、を歯医者で聞くことがお母さんの心の支えにもなると思います。

蛯原歯の生え始めのころはガーゼで拭いていましたが、歯のない赤ちゃんには具体的にはどんなことをしたらいいですか?

末光産まれたばかりの赤ちゃんも毎日ミルクを飲むので、拭き取りケアを行います。綿棒を水にぬらして、乳カスをやさしくオフします。ミルクを飲んだら口の中を触られるんだ、と歯が生える前から覚えさせることで乳歯が生えてからの歯磨きの悩みを減らすこともできます。

蛯原初めて聞きました!綿棒を使うのは大人の口腔ケアと同じで介護と似てますね。もしかして毎日、毎回ですか?

末光初めてのお子さんだと育児に追われて余裕がなくなったりしますので、まずは1週間に1回、慣れてきたら少し増やして、乳歯が生えてきたころには毎回触らせてくれるようになるといいですね。赤ちゃんは唾液が多いので、ケアしなかったからといって病気になったりはしません。ただ、ミルクのあとに歯茎を触られるということを小さい頃からやっていただきたいです。

蛯原ママや赤ちゃんの不安解消や医師や歯科衛生士さんに正しいケアを学ぶためにも、定期的に歯医者さんに行った方がよさそうですね。知らなかったこともありとても勉強になりました。悩んでいるママも気軽に歯医者さんで医師や歯科衛生士に相談してみて大丈夫というのを伝えていきたいと思います。


蛯原英里
蛯原英里

一般社団法人 日本チャイルドボディケア協会代表理事。ベビーマッサージ講師。

末光妙子
末光妙子

ミュゼホワイトニング歯科医師。日本大学松戸歯学部付属病院勤務後、一般歯科医院にてインプラント・矯正を軸に診療を行う。ホワイトニングのスペシャリストとして、お口のケア全般について幅広い知識があり、「必白仕事人」の異名を持つ。メディアにも多数出演。

『プレママ検定』について

これからママになる方と、ご家族の方へ

プレママ検定とは、先輩ママ達の「早く知りたかった」「知っておけばもっと楽だった」などの声から生まれた、妊娠、出産、子育ての基本的な知識や理想的なホームケアが学べる検定試験です。
妊娠中から産後の赤ちゃんとの生活をご家族みんなで楽しんでいただけるノウハウが詰まっています。
https://fureai-lab.com/premama/
プレママ検定

トピックス一覧