初めての方へ!

ホワイトニング

お試しメニュー

ホワイトニングと知覚過敏

2022.07.08

執筆:宮本

こんにちは!
患者さんからホワイトニングで歯がしみることがあったというお話を聞くことがあります。
今回はその原因についてお話ししていきたいと思います。

ホワイトニングの薬液が歯の中にある象牙質というものに影響することで一時的な痛みがおこることがあります。基本的には象牙質はエナメル質というもので覆われているので直接影響することはないのですが、様々な原因によりエナメル質が欠けたり、亀裂が入ってしまいそこから象牙質に刺激がおこり歯がしみる原因となっていきます。このような一過性の痛みを知覚過敏といいます。知覚過敏の原因には以下のようなものがあります。

知覚過敏の原因
  • 咬耗(こうもう)
歯ぎしりや食いしばりなどによってエナメル質がすり減ってしまった状態。
  • 虫歯
象牙質まで進行している虫歯だとエナメル質に覆われていない状態なので、そこに薬液が浸透することで知覚過敏がおこる。
  • くさび状欠損
歯の歯頚部というちょうど歯と歯茎の境目のところがくさび状に欠損していること。
歯ぎしりや歯ブラシの圧が強い方にもみられる。
  • 歯周病
歯周病によって歯茎が下がり象牙質が露出してしまっていることで知覚過敏の原因になる。

このような様々な原因によって知覚過敏がおこります。
ホワイトニングによる知覚過敏はあくまで一時的なものなので基本的には24時間以内に収まっていきます。

当院ではこのような症状をお持ちの方に対してもなるべく痛みなくホワイトニングできるように行っております。
知覚過敏症状のある部分に対して先に保護剤を塗布したり、施術の途中で痛みが出た場合はすぐに対応させていただいております。

このような症状をお持ちでご不安な方はお気軽にご相談ください!
 

医院紹介

ホワイトニング専門歯科と医科を併設し、口元からお顔までトータルサポート!

LEAGRANT CLINIC 中目黒の受付 LEAGRANT CLINIC 中目黒の施術室

LEAGRANT CLINIC 中目黒

東京都目黒区 上目黒3-1-4-7F
TEL:0120-505-305
アクセス:東急東横線「中目黒駅」より徒歩2分

※医院別ご利用条件が設定されている場合がございます。
各医院へご確認ください。

同じカテゴリーの記事一覧

この医院のブログ記事

カテゴリー別に見る