初めての方へ!

ホワイトニング

お試しメニュー

【歯科医師監修】セルフホワイトニングの効果は?歯科医院との違いやメリット・デメリットも紹介

セルフで気をつけるべきポイントもチェック

2022-08-18

監修:医療法人財団匡仁会理事長 - 末光妙子

セルフホワイトニングを行う女性

目次

ホワイトニングの方法の一つとして、サロンで行うセルフホワイトニングがあります。最近街中でもセルフホワイトニングを提供しているサロンも増えてきています。

今回はサロンで行うセルフホワイトニングはどんな方法なのかや、歯科医院で行うホワイトニングとの比較などをお伝えします。

それぞれの効果や金額の違い、メリット・デメリットなどをしっかり解説いたしますので、ホワイトニングを検討されている方はぜひ読んでから判断していただけたら嬉しいです。

セルフホワイトニングはどんなホワイトニング方法?

口元を確認する女性

セルフホワイトニングとは、自分で行うホワイトニングの方法です。大きく分けて2つのタイプがあるため、それぞれご紹介します。

サロンなどに行って自分でケアを行う方法

サロンや専門店など、医療機関ではない場所で行うホワイトニングのことです。ホワイトニングに必要な道具や照射機が用意されています。

スタッフの指示に従ってケアを行いますが、歯科医師・歯科衛生士の資格がない一般スタッフの場合はお客さまの口腔内に手を触れられない(違法)ため、あくまでも自分で行わなければなりません。

自宅などで自分でケアを行う方法

もうひとつは、歯の消しゴム(こすって着色を落とすもの)やホワイトニング効果のある歯磨き粉などを使って行うホワイトニングケアです。たくさんのホワイトニング商品が取り揃えられているドラッグストアも多いので、気軽に始めやすい点も特徴です。

一般的に「セルフホワイトニング」と呼ばれるものは、ほぼ「サロンなどに行って自分でケアを行う方法」を指すため、本記事では主にこちらの内容について解説していきます。

セルフホワイトニングと歯科医院でのホワイトニングの違い

歯科医院のユニット

ここからは、サロンなどで行うセルフホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングの違いについて解説いたします。

ホワイトニング効果の違い

セルフホワイトニングでは、炭酸カルシウムや重曹など、一般の方でも扱える成分が含まれる薬剤を使用します。これにより、歯の表面に付着した汚れ(着色)を取り除くという方法になりますので、ホワイトニング効果は「歯を本来の色に戻す」範囲の白さとなります。

一方、歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは、過酸化水素(資格保持者しか扱えない成分)が含まれる薬剤を使い、歯の表面だけでなく内部を漂白することにより「歯の本来の色以上の白さ」を目指します。

このように、取り扱う薬剤の違いから、白くする仕組みが異なるため、ホワイトニング効果にも違いが出てきます。

痛みや刺激の感じ方

セルフホワイトニングで使用する薬剤には、誰でも扱える成分が配合されており、痛みや刺激を感じにくいとされています。

一方オフィスホワイトニングの場合は、過酸化水素による脱水によって強い刺激や痛みを伴うことがあります。

※痛み・刺激の感じ方には個人差があります。

セルフホワイトニングのメリット

歯ブラシのある風景

ここからは、サロンで行うセルフホワイトニングのメリットについて、詳しく解説いたします。

痛みが少ない

前章でも触れたように、セルフホワイトニングでは使用する薬剤による刺激が少なく痛みを感じにくいといわれています。痛みが苦手な方や初心者の方でも挑戦しやすい点がメリットと言えます。

比較的低価格

サロンやクリニックによって料金は異なりますが、歯科医院のオフィスホワイトニングよりも安価な場合が多く、学生や若年層を中心に人気が高まっています。

なお、従来のオフィスホワイトニングは1回数万円といった価格帯が一般的ですが、近年では1回数千円〜1万円程度などの低価格で受けられる種類のものも増えています。

好きなタイミングで気軽に利用できる

スタッフとして歯科医師を常駐させる必要のないセルフホワイトニングは、全国に専門店が多数展開されています。ネイルサロンや美容院、スポーツジムといったあらゆるサービスの店舗に併設されていることも多く、自分の行動範囲内・好きなタイミングで通いやすいという点が魅力です。年中無休で24時間営業のサロンもあるなど、利用ハードルの低さはセルフホワイトニングのメリットと言えるでしょう。

一方、歯科医院で行うオフィスホワイトニングは医療機関ということから敷居が高いイメージが強く、やや敬遠されがちです。基本的には適切な間隔を空けて施術を受ける必要があり、施術タイミングに制限を感じる方もいるかもしれません。ただし、薬剤の種類によっては連続して施術を受けることが可能な場合もあります。

また、近年ではホワイトニング専門歯科医院も増え、一般的な歯科医院でもホワイトニングのみの受付を歓迎している場合が多く、オフィスホワイトニングを気軽に利用する人も増えています。

セルフホワイトニングのデメリット・注意点

悩む女性

セルフホワイトニングには気軽にチャレンジできるといったメリットがある一方で、デメリットや気をつけたい点もあります。

効果を感じにくいことも

セルフホワイトニングのゴールは、歯の表面の着色汚れ除去です。オフィスホワイトニングとは異なり、内部を漂白する薬剤を使えないため、歯自体の色は変えられません。定期的に歯科医院にクリーニングに通っている方やきちんと毎日歯磨きをされている方は期待した効果を得られない場合が多いです。

また、セルフホワイトニングは加齢による歯の変色には効果がない点にも注意しましょう。

このように、実際は表面汚れの除去を目的としたケアであるにもかかわらず、あたかも歯自体の漂白ができるように誤認させる広告や謳い文句には注意が必要です。

色ムラができる場合がある

セルフホワイトニングでは自分で自分の歯に薬剤を塗るため、均一にならずムラができることがあります。正しく実施できているのかどうかが本人に分かりにくく、なんとなくで実施してしまっている場合が多いため、色ムラなどの失敗が起こりがちです。

口の中や歯の健康状態がわからない

歯科の専門家がいないセルフホワイトニングサロンの場合、口腔内の状態がわからないままケアすることになります。虫歯があるとホワイトニング効果が出にくい場合がありますすが、お口の状態を診てもらえないため、そもそも虫歯があるかどうかなどの口腔内の状況はわかりません。

なお、変色の原因によってはセルフホワイトニングでは解決できない場合があります。専門家による口腔内チェックがないため無駄なケアをしてしまい、まったく効果が得られないということもあり得ます。

トラブルが起きても対処できない

セルフホワイトニングのケア中に、万が一歯や口の中、唇などにトラブルが起きてしまっても、歯科医師や歯科衛生士がいないため処置や治療ができないというリスクもあります。

歯科医院でのオフィスホワイトニングがおすすめな理由

歯科医院のカウンセリング風景

歯科医院で行うホワイトニングの方法にもいくつかの種類がありますが、今回はオフィスホワイトニングについて、おすすめの理由を解説します。

なお、ホワイトニングの種類や特徴については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

▶歯のホワイトニング(種類・特徴・料金など)わかりやすく徹底解説

資格保持者に施術してもらえる

歯科医師や歯科衛生士といった資格を持つ専門家にホワイトニングケアをしてもらえることです。ただし、治療を中心としたクリニックではあまりホワイトニングが行われていない場合もあり、施術に不慣れなことも。ホワイトニングに力を入れている・ホワイトニング施術数の多い医院などを医院選びのポイントとするのもひとつの手です。

資格保持者の施術を受けるメリットとして、事前の口腔内チェックやトラブル対応、お口全体に関する相談が可能という点もあります。初心者の方にはこのような安心材料も重要ではないでしょうか。

高いホワイトニング効果が望める

オフィスホワイトニングでは歯科医師・歯科衛生士の国家資格保持者しか扱えない過酸化水素という漂白成分を使うため、高い効果が期待できることです。歯の内部にまで浸透して白くし、色の変化の実感も早いとされています。

なお、ミュゼホワイトニングで採用している「ポリリンホワイトニング」は、過酸化水素と短鎖分割ポリリン酸Naの2つの成分で歯の内部と表面にダブルでアプローチします。効果的な方法でありながらも、歯へのダメージ・痛みが少なく、間隔を空けずに連続して施術を受けることが可能な点や、ホワイトニング後の飲食制限の必要がない点も特徴です。

さらに、歯科医師・歯科衛生士に口腔内をチェックしてもらえるので、他のトラブルの相談や治療もできます。

すぐに・確実に白くしたいならセルフよりも歯科医院のオフィスホワイトニングで

歯の色見本(シェードガイド)

本記事では、セルフホワイトニングの特徴やメリット・デメリットについて解説しました。タバコなどによる歯の表面の着色汚れがある方はセルフホワイトニングでも白さの変化が分かりやすいですが、その場で効果を実感したい方には歯科医院のホワイトニングがおすすめです。

オフィスホワイトニングである程度白くしてから、メンテナンスとしてセルフホワイトニングを行う方法もおすすめです。

ミュゼホワイトニングでは、従来のオフィスホワイトニングの悩みとされていた「強い痛み」「高額な施術費用」「厳しい飲食制限」といったデメリットを解決した、「ポリリンホワイトニング」による施術をすべての歯科医院で導入しています。

短鎖分割ポリリン酸を使用する施術は、漂白のダメージから歯を守ると同時に、コーティングにより汚れの再付着を防ぐなどのメリットがあります。

さらに、1歯550円と非常にリーズナブルな価格でホワイトニングができるので、気になる方はぜひお近くのミュゼホワイトニング加盟医院をチェックしてみてはいかがでしょうか?

料金一覧はこちら 初回お試しメニューはこちら お近くの医院を探す

監修歯科医師

医療法人財団匡仁会 理事長・歯科医師 末光妙子 日本大学松戸歯学部付属病院勤務後、一般歯科医院に勤務。虫歯の診療を続ける中で、大切な歯を守るためには予防歯科の普及と、より気軽に歯医者に通うことができる環境が必要と考え、ホワイトニング専門医師として活動を始める。2011年、虫歯予防の効果も得られるホワイトニングの普及のため、専門医院ミュゼホワイトニングの立ち上げに携わり、現在は同歯科医院を運営する医療法人の理事長を務める。

所属
医療法人財団匡仁会(恵比寿駅前デンタルクリニック池袋駅前デンタルクリニック
著書
『小顔音読~歯科医師が教える、魔法の早口ことば』
活動
歯科医院向けホワイトニング知識/技術研修の講師・大手企業での口元セミナー・地球こどもサミットや子どもお口電話相談等イベント出演など・8020運動をテーマとした予防歯科イベントの開催・歯科衛生士の接遇スキル・審美歯科の技術向上を目的とした歯科衛生士学校との教育提携・歯科フリーペーパー『FEEDNOTE』で歯科衛生士活躍をテーマにした執筆活動・オーラルケアアイテムの企画/開発/販売 他

\ミュゼホワイトニングのお試しメニュー/

コラム一覧